2019年05月24日

当店はTartaruga(タルタルーガ)のカスタムもできる販売店です♪

2BA8F00D-36A7-46CE-ADA0-6111049C8481.jpg
Tartaruga Type SPORTはカスタマイズすると、とても迫力ある自転車に仕上がります。

ロードライクな乗り味が好みなお客様からも評判な、カーボンバトンホイールは、どのフレームカラーに合わせても車体を引き立てるのでお勧めです。

1C0ADF3E-F817-4853-BA0F-B750DD7F4673.jpg
純正ハンドルを好きなデザインのドロップハンドルに変更したい、という方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

実は、イージーフォールディングアダプター自体をカスタムする事で、様々なドロップハンドルでイージーフォールディングができるようになります。

2CB27CA8-DFB7-4D9B-9F93-6CB85402A426.jpg
リアキャリアは通常、車体と同じオレンジ・グリーン・ホワイト・ブラウンのカラーラインアップです。

ブラックなど、通常ラインアップに無いカラーはカスタム塗装して好きなカラーで用意できます。

また、上記の写真のようにイージーローラーの台座をブラックにアルマイト加工したり、ローラーをベアリング入りにすると、よりカッコ良く、転がしやすくなるので満足度が高くなるでしょう。

74338508-5ECE-4E33-8391-FAFF2DE135D7.jpg
利便性の向上から、シマノ105やULTEGRA、はたまたサードパーティ系など、パーツグレードの変更も人気です。

色々なカスタマイズをしてもしっかりたためる、貴重なモデルがType SPORTの良さでもあります。

60FF18DB-DC26-4947-A570-011E2CC075CC.jpg
同じホイールでも、フレームカラーが違うだけで印象がガラリと変わるのもタルタルーガの魅力です。

迫力満点の Type SPORTシリーズはいかがでしたでしょうか。

明日から開催するタルタルーガ試乗会&リンプロジェクト店頭展示会もお楽しみに〜♪


《サイクルハウスしぶやお花茶屋店》

住所東京都葛飾区お花茶屋1-26-2

電話番号: 03-5650-2510

メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com

営業時間:10:0019:00

定休日:火・水曜日

最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります。

posted by サイクルハウスしぶや at 16:08| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

Tartaruga(タルタルーガ) Type SPORT DX 評判の展示車のご案内

52FEF995-1522-4677-A030-148A45B59F7F.jpg
『Tartaruga Type SPORT DX ツーリング仕様カスタム車』

当店の入り口近くには、Tartaruga Type SPORT DX(タルタルーガ タイプ スポルト デラックス)のツーリング仕様にカスタマイズした車両が、どどーんと展示しております。

お勧めのバッグを装備したこの仕様は、タルタルーガを求めてご来店される方にも評判で、同じバッグをお買い求めになるケースも多いです。

リアバッグには、ちょうど今週末に開催するイベントでご協力頂く、リンプロジェクトさんとのコラボバッグを装着しております。

E3471A64-21D3-42C1-8EAE-68729174B5A1.jpg
今週末に開催するタルタルーガ試乗会&リンプロジェクト店頭展示会でぜひご覧ください。

皆様のご来店をお待ちしております☆


《サイクルハウスしぶやお花茶屋店》

住所東京都葛飾区お花茶屋1-26-2

電話番号: 03-5650-2510

メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com

営業時間:10:0019:00

定休日:火・水曜日

最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります。

posted by サイクルハウスしぶや at 22:17| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

CarryMeに一番相性良いカギだと本気で思ってます その名はOTTOLOCK(オットーロック)

自転車の駐輪で必要になるのがカギですね。

突然ですが、皆様が普段何気なく使っているカギの使い勝手はいかがでしょうか?

「ちょっと使いづらい…」「強度を重視したら重すぎた…」「キーを無くすのが怖い…」
様々な感想があると思います。

今回のブログは小径車に乗っている、あるいはこれから始めるという方に、今までのカギにはない発想で選ぶ方が増えている、便利でお勧めなカギを紹介したいと思います。



​目次】
1.​ 実際に盗難被害に遭った原体験から生まれたカギ’OTTOLOCK’
​2. ​種類
​3.​ 実際の軽さと強度について
4. ​CarryMeとOTTOLOCKの相性が良い3つの理由
5.​ おわりに




1.​【​実際に盗難被害に遭った原体験から生まれたカギ’OTTOLOCK’】
299DA9AB-C34B-49AF-9763-36D8BA6EE192.jpg
​OTTOLOCK(オットーロック)は2016年にアメリカで生まれた新発想のロックです。

もともとはアメリカのプロロードレーサーの原体験から始まりました。

ロードレースのトレーニング中に、自転車を降りてコーヒーショップにほんの数分立ち寄った際に、戻ってみると自分の自転車が無かったというところが発端となっています。

特にプロとして持ち物は最小限にしたいため、その時は気に入ったロックがなく、持ち歩くことはしなかったそうです。

自転車用ロックに求められる重要な要素は
・軽さ
・コンパクトさ
・頑丈さ
の3つの項目です。

この全ての条件を満たすべく、開発されたカギ、それがOTTOLOCKなのです。




2.​【種類】
02584AED-AA30-4349-AAC1-0D313193CEEE.jpg
『OTTOLOCK 価格7,980円(税別)〜』

[長さ]
OTTOLOCKの長さは3種類あります。

46センチ:シリーズ最軽量かつ最もコンパクトになる長さ。バッグに入れても専用のマウントで自転車に付けても気にならないサイズです。
折りたたみ自転車にもお勧め。

76センチ:中間のサイズで1番人気。ちょうど良い長さはどこでも巻きやすく、使いやすいです。

152センチ:ご夫婦やカップルなど、数台で駐輪する場合にも使いやすい長さです。駐輪時に長さが足りなくて困ることはないでしょう。

[価格]
長さによって価格が変わります。

@46cm / 7,980円(税別) ※カモはラインアップ無し
A76cm / 8,980円(税別) ※カモは+1,000円(税別)
B152cm / 9,980円(税別) ※カモは+1,800円(税別)

[カラー]
@ブラック
Aグリーン
Bオレンジ
Cカモ(カモフラージュ)

2019年8月には日本限定カラーのチェレステがラインアップに加わります。チェレステの価格は下記になります。
@46cm / 8,980円(税別)
A76cm / 9,980円(税別)
B152cm / 11,780円(税別)

なお、OTTOLOCKは遠方のお客様も当店のWebショップからご購入・ご予約いただけます。

また、重量は少し増えますが、OTTOLOCKと同じ形状で、より強度の高い『HEXBAND(ヘックスバンド) 全1色 グレー 価格9,241円(税別)〜』が7月に入荷予定になります。
こちらはまた別の機会に紹介したいと思います。




3.​【実際の軽さと強度について】
B7CBEE34-384E-4707-A04D-5670EFF71F9E.jpg
カギを選択する際に重要視すべき点の’軽さ’と’強度’。まずは'軽さ'について説明致します。

[軽さ]
OTTOLOCKの重量は下記になります。
@46cm / 145g
A76cm / 175g
B152cm / 260g

強度が高いと言われるU字ロックは、同じ価格帯で調べると重量が約1,500gほどでした。
また、当店でセレクトして扱っている、強度の高いカギは約500gになっています。

重量だけで比較すると、OTTOLOCKの46cmは、U字ロックのおおよそ1/10である事が判明しました。

いかにOTTOLOCKが軽いかがよく分かりますね。


[強度]
一見薄くて簡単に切れてしまいそうな印象があるOTTOLOCK。

サントプレーンと言われる被覆内に、ケブラー繊維とステンレスプレートが多重に、ミルフィーユ状に重なっているため、とても強度が高いです。

実は当店で取り扱いを始める前に、試し切りをしてみました。

通常の鍵なら数秒で切れる業務用のボルトクリッパーを使ったものの、最初は歯が立たず、最終的には二人がかりで開始から10分近くかかって、やっとの思いで切れたことを覚えています。

もし、あの時に簡単に切れているようであれば、当店では扱わなかったでしょう。




4.​【CarryMe とOTTOLOCKの相性が良い3つの理由】
77CDA788-DCBA-41F2-899A-234AA39C0BC2.jpg
CarryMe(キャリーミー)は軽量・コンパクトで持ち運びに適した折りたたみ自転車です。

折りたたみ自転車全般に相性が良いOTTOLOCKですが、特にCarryMeと相性の良い’3つの理由’があります。

@カギのコンセプトがCarryMeの利便性にマッチしている

CarryMeは軽量で、電車やバスなどの公共交通機関を使った持ち運びに便利なので、ライトやカギなどの携行品は極力軽くしたいところ。

そこで登場したOTTOLOCKは、最初にもご案内した通り
・軽さ
・コンパクトさ
・頑丈さ
の3つの条件をクリアしたカギになっているので、CarryMeとの組み合わせはとても相性が良く、使いやすいのです。


77C56241-C7E2-408E-9091-51ABD5469F2A.jpg
A専用マウントを使うことで自転車に装着でき、折りたたみの際に干渉しない位置にずらせる

OTTOLOCKを自転車に装着できるようにする台座がOTTOMOUNT(オットーマウント)です。

『OTTOMOUNT 全3色 1,150円(税別)』

このマウントの良いところはフレームにOTTOLOCKを装着できるだけではなく、折りたたみ時に干渉する場合に、外す事なく位置を簡単にずらせるところです。

そのため、折りたたんだ状態の時は横にずらし、乗る時には縦にしておく事で、走る時もたたんだ時も全く問題ない位置に設置が可能です。

この仕組みのマウントはCarryMeに最適です。

こちらのマウントはWebショップでOTTOLOCKと一緒にお買い求め頂けます。


Bフレームの狭い部分にも通しやすい薄型のロック形状

OTTOLOCKは通常のワイヤーロックと違い、カギ自体が平べったく薄いため、展開時・折りたたみ時どちらもロックを通しやすいのも特徴です。

CarryMeは展開時はロックを通しやすいのですが、たたんでいる時は通す場所が限られます。

そこで便利なのがこの薄さ。

小さく折りたたまれているCarryMeでも、薄型のロック形状のOTTOLOCKはフレームの場所を選ばずに通す事が可能です。

たたんだ状態でロックを通して駐輪する事で、少ないスペースで駐輪でき、更に風などの外部要因で不意に倒れて、キズやパーツを破損させてしまうことも防ぐ役割があります。


5.​【おわりに】
​今回の'カギ'の情報は、大事な自転車が盗難されることに対して不安がある方が増えているために発信致しました。

2018年の自転車盗難台数は、警視庁が把握しているだけでも35,394件もあるそうです。

この数字を365日で割ると、なんと1日に平均で約100台もの自転車が盗難の被害に遭っていることになります。

この事実から愛車を守るのがカギの役目です。

現在使っているカギに不安があったり、使い勝手に不満がある方は、カギの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

OTTOLOCKは店頭にデモ製品がございますので、いつでも使用感が試せます。

大事な愛車が被害に遭わないように、強いカギでしっかり守りましょう♪


《サイクルハウスしぶやお花茶屋店》

住所東京都葛飾区お花茶屋1-26-2

電話番号: 03-5650-2510

メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com

営業時間:10:0019:00

定休日:火・水曜日

最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります。


posted by サイクルハウスしぶや at 23:27| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする