2017年06月25日

どのくらい違う?話題のDoveシリーズとBROMPTONの折りたたみサイズの違い。

doveuno02.JPG
昨日から開催しているDAHON試乗会に合わせて入荷前のDoveシリーズをお借りしているので、BROMPTONとの折りたたみサイズを比較してみました。

hikaku.JPG
どちらも非常にコンパクトになる車両でどこに置くのも邪魔にならないサイズです。
カタログ値の幅(Widch)はDoveUnoが63cm、BROMPTONが58.5cm。
ん〜なるほど。

hikaku2.JPG
お次は後ろから。
カタログ値の高さ(Height)はDoveUnoが55cm、BROMPTONが58cm。
ふむふむ。

hikaku3.JPG
上から見ると・・・
カタログ値の奥行(Depth)はDoveUnoが30cm、BROMPTONも30cm。
ここは同じなんだなぁ。

そして気になる重量は、Doveシリーズ最軽量のDovePlusが脅威の6.97kg(ペダル・スタンドを除く)、DoveUnoが8.8kg、BROMPTONは写真のS6Lで11.5kgになります。

価格はコチラ。
Dove Plus:78,000円(税別)
Dove Uno :51,000円(税別)
S6L :195,000円(税別)〜

家の中で保管したり、車の中に入れたりすることを考えると小さければ小さいほど便利になりますね。
電車で持ち運ぶときは重量が軽い方が断然楽に感じます。

Doveシリーズはギアが1速になるので、電車や車で輪行して行った先で観光に使ったり、2F以上にお住まいで室内での保管が必要な場合は軽くて持ち運びやすいのでお勧めです。

折りたたみサイズの近いBROMPTONを比較の対象にしましたが、重量とサイズ感と価格ではDoveシリーズに軍配が上がります。

IMG_3447.JPG
Doveシリーズはコンパクトカーに積んでおくのに最適かもしれません。

Doveシリーズは先行入荷分を好評ご予約受付中になります!
Dove Plusは7月末頃、Dove Unoは7月上旬に入荷する予定です。

最軽量のDove Plusをご希望の方はコチラ
コスパに優れたDove Unoをご希望の方はコチラ
※先行入荷分は数量に限りがあり、Dove Plusは残り極わずかです。

実は最初からとても軽いDoveシリーズをさらに軽量化できるプランがございますので、気になる方はお問い合わせください(^^)b

Doveシリーズに関するご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ!
toiawase@cycleshibuya.com
posted by サイクルハウスしぶや at 13:20| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

Dove PlusとDove Unoの違いとは。

こんばんは!本日から代理店のご担当者様にご協力いただいて開催しているDAHON試乗会は、やはり史上最小&最軽量のDove Plus人気が凄かったです。
そして並んで人気のある軽量コンパクトなDove Uno。

PlusとUnoの違いを挙げたいと思います。
IMG_3447.JPG
Plusは6.97kg(ペダルとスタンドを除く)。
Unoは8.8kg。
Plusは78,000円(税別)。
Unoは51,000円(税別)。

IMG_3449.JPGIMG_3450.JPG
Unoは軽快車(ママチャリ)によく使われるタイプのBBを使用、チェーンリングの歯数は42Tです。

IMG_3465.JPGIMG_3466.JPG
Plusはレース車にも使われるタイプのBBを使用して回転性能・剛性・軽量の三拍子揃ってます。チェーンリングの歯数はUnoと同じ42Tです。

IMG_3451.JPGIMG_3453.JPG
Unoはホイールの回転部にボールベアリングを採用しています。泥除けを標準装備しているところがグッド👍タイヤの太さは街中で安心な14x1.75。リアギアの歯数は11Tです。

IMG_3469.JPGIMG_3467.JPG
Plusはフロントホイールだけシールドベアリングを採用しているため、回転性能が高まります。折りたたみ時に開かない様にマグネットを装備しています。タイヤの太さはレーシーに走れる14x1.35。リアギアの歯数は9Tです。リアギアの歯数が小さければ小さいほど速く走れます。

IMG_3454.JPGIMG_3460.JPG
Unoはハンドルの高さが調整できるステムを採用してます。1番高い位置はPlusよりハンドル1本半高くできます。サドルはコンフォートタイプでピラーは通常のアルミです。

IMG_3463.JPGIMG_3462.JPG
Plusは1ピースタイプのステムで剛性感と軽量化を兼ね備えています。サドルはレーシーで軽量なタイプでピラーは軽量タイプを装備してます。

IMG_3452.JPGIMG_3464.JPG
ブレーキにも軽量化の努力が感じられます。

IMG_3470.JPGIMG_3472.JPG
Plusだけに採用されたフレームへの肉抜き加工や、ワイヤーインナールーティング。

2台の自転車には様々な違いがありますが、街乗りで手軽に乗れるのはDove Uno、より軽快走って、持ち運んで使うならDove plusといったところでしょうか(^-^)

Dove Unoは7月上旬に、Dove Plusは7月下旬に入荷を予定しております。

どちらの自転車も、初めての輪行用自転車としてもオススメです。

Webショップでもご予約受付開始しました‼️

Dove Unoはコチラ

Dove Plusはコチラ

※先行入荷分は数量に限りがございます。
posted by サイクルハウスしぶや at 23:00| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

DAHON試乗会 開催しまーす!!

こんにちは

まもなく、7月間近。
本格的な日本の夏にさしかかろうとしております

さて、今週末は折りたたみ自転車の人気メーカーのDAHON(ダホン)の試乗会を開催致します〜

==================================
場所:サイクルハウスしぶや お花茶屋店(京成線 お花茶屋駅)
日時:2017年6月24日(土)・25日(日) 11:00〜17:00
==================================

当店試乗車と代理店さんの試乗車も到着しつつあり各車両を乗り比べ頂けます

店頭在庫車と試乗車の一部をご案内致します〜

Mu Elite
DAHON試乗会7.JPG

フラッグシップモデルは威風堂々
8DAHON試乗会.JPG

エアロスポークの451ホイールで走行性も良好
DAHON試乗会11.JPG

Mu SLX
DAHON試乗会12.JPG
軽量で軽い走りのスポーツ車

艶のあるレッドカラー(スパーキーレッド)が綺麗ですね
DAHON試乗会13.JPG


DAHON試乗会14.JPG

こちらはMu SLXのピュアシルバー
DAHON試乗会15.JPG

ホイールもアメリカンクラシックのハブを使用し、軽快な走りを実現。。
DAHON試乗会16.JPG

Dash P8
DAHON試乗会20.JPG

Speed Falco
DAHON23.JPG

Horize
DAHON試乗会18.JPG

今期はタイヤが結構太くなりましたが、走りは意外と良いのが
DAHON試乗会19.JPG

DAHON試乗会17.JPG

今回の目玉は、これから発売予定のDove Plus
DAHON試乗会.JPG
重量は驚きの、6.97kg
車体を持ってみるとさすがに軽いですねー。。

ステムポストは、アジャスタブルでなくワンピースの物。。
DAHON試乗会3.JPG

ブレーキは制動力の高いVブレーキタイプ。
DAHON試乗会4.JPG
ワイヤーはフレーム内蔵型で何気に気を使っておる様子。

BBはホローテックタイプで、軽量化と高剛性を図っているのか。。クランクアームも内側が肉抜きされていて軽量化が図られている様子。。
DAHON試乗会2.JPG
走って見ると、やはり走りは良い感じですネ

軽量なだけでなく、コンパクト性も中々の物ですネ。
DAHON試乗会6.JPG

カラーはプレミアムゴールド
DAHON試乗会5.JPG
黄金色の体験ができますでしょうか

ご予約も承っております。。

暑いのが好きな方も苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、水分補給は欠かさずに
それではお待ちしております〜。
posted by サイクルハウスしぶや at 16:33| Comment(0) | スタッフ:小川文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする