2018年01月09日

生産終了の名車OX Gazelleと従来型PECOを買うなら今しかない!どちらももう手に入らなくなります(泣)

先日、OXエンジニアリング様から悲しいニュースが入ってまいりました。

新潟の工場でプレス生産されているGazelleのフレームが、なんと今月末をもって受注終了になってしまうそうです。
また、新型PECOの発表に伴って従来のPECOの受注も今月末までとなるとの情報がございました。

PECOは新型になるので従来のモデルが生産終了というのは納得ですが、Gazelleのフレームが生産終了になるのは個人的にも大変驚きました。

私も二子玉川時代から愛用しておりますが、カスタマイズ次第でいつまでも楽しめる車両が手に入らなくなるのはなんだか切ない気持ちです。

今まで作らせて頂いたGazelleの写真を見ていると、とても懐かしい気持ちになりました。
s-IMGP9429.jpg

Gazelleに関するブログはコチラのページからご覧いただけます。

惜しまれつつも生産終了になるGazelleに敬意をこめて、1月末まで私所有のGazelleを店頭で試乗車に致しますので、ご興味がある方はご試乗下さいませ。
s-gazelle1.jpg

s-gazelle2.jpg
Gazelleを最後に作ってみたい!というお客様大歓迎です。
私もGazelleが大好きなので、カスタマイズに関するご質問はだいたい回答できるかと思います。

OX12.JPG
そして、今だから買える従来型のPECOと新型PECOのおさらいをしておきましょう。

従来型PECOラインナップ
PECO-3 12インチ―3速  114,480円(税込) ※モデルチェンジ
PECO-9 12インチ-8速  125,280円 ※廃止
Pocci-3 14インチ-3速 120,960円 ※廃止
Pocci-9 14インチ-9速 131,760円 ※モデルチェンジ
Pocci-27 14インチ-27速 159,840円 ※廃止
Buccho  12インチFAT-3速 192,240円 ※モデルチェンジ

新型PECOラインナップ
PECO 12インチ-4速 181,440円(税込)
Pocci 14インチ-9速 192,240円
Buccho 12インチFAT-4速 230,040円

OX8.JPG
新型は折りたたみサイズがコンパクトになり、標準カラーが増えるなどの魅力がありますが、従来型は価格面、ハンドルカスタマイズの自由度などこちらも魅力がたっぷり詰まっております。

今なら新型は発売記念キャンペーンでフェンダーもしくはペコート(輪行袋)が2月28日までの受注分でプレゼントになっています。

従来型と新型のカラーオーダーの価格が変更になっておりますので、詳しくは店頭でお問い合わせくださいませ。

今月中ならどちらも比べながら選択できるので、検討されていた方はまさに今がチャンスです。
1月末にはPECO&Gazelleを含めた試乗会の開催も予定しておりますので、詳細が決まりましたらホームページにアップ致します。

もう手に入らなくなるGazelleはフレームだけ手に入れておくのもありだと思います
今月末の試乗会もお楽しみに!!
posted by サイクルハウスしぶや at 17:44| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする