2019年07月31日

Tartaruga Type SPORTの魅力その2「どんなシチュエーションでも映える唯一無二のフレームデザイン」

自転車を検討する上で大事な項目に「フレームデザインが気にいるか」があります。

それほど乗り心地が良くなくて、あまり走行性能が高くない自転車でも、「フレーム形状が気に入っている」という理由でフルカスタムして愛着を持って乗り続けている、という方は意外に多いです。

ではType SPORT(タイプスポルト)のフレームデザインはいかがでしょうか。

今回はTartaruga Type SPORTの独特なフレーム形状の秘密に迫りたいと思います。


Tartaruga Type SPORTの魅力その2「どんなシチュエーションでも映える唯一無二のフレームデザイン」』
01E042E1-83F9-40D6-B169-3B6C5B16AE2B.jpg
Type SPORTは、折りたたみ自転車によくあるメインフレームを折りたたむ構造を採用していません。

これには主に2つのメリットがあります。

一つは折りたたみ機能を持たせるための蝶番になる‘ヒンジ’を採用しないため、剛性が高くなります。

折りたたみ自転車について、一部の粗悪な自転車によるネガティブニュースの影響で、あまり良い印象を持たれていない方がいらっしゃるのも事実です。
Type SPORTは折りたたみ機構にヒンジを採用していないため、非折りたたみ自転車と同等の強度を兼ね備えています。それは、最も厳しいヨーロッパのEN規格を通っていることからも分かります。


1C49B64F-037D-4637-9835-0EA0CB77E26D.jpg
二つ目にはデザイン上スッキリした形状に仕上がることが挙げられます。

メインフレームにヒンジを使わないため、一目では折りたたみ自転車には見えにくく、「こちらは折りたたみじゃないですよね?」という質問を頂くことも多々あります。

また、余計な装飾をしていないことから、メインフレームの造形がより際立ち、遠目に見てもType SPORTだということがすぐに分かります。


267EB409-A0FA-48E9-883E-8FD38110FAD9.jpg
そして特徴的なのがメインフレーム上部のトップチューブの形状と、下部のダウンチューブの形状が違うことです。

自転車のフレームデザインにおいて、統一感を演出するのに、大体のメーカーはトップチューブとダウンチューブの形状を揃えています。

例えば、トップチューブが角パイプであればダウンチューブも角パイプ、丸パイプであれば丸パイプ、といった具合に、です。


7595C173-5BD9-4C5A-82DC-467B100F2415.jpg
Type SPORTのフレームはこの‘フレーム形状を揃える’という概念を払拭し、メインフレームは「角パイプ」、ダウンチューブは「丸パイプ」という組み合わせを採用しています。

このフレームが面白いのは、違う形状の組み合わせであるにもかかわらず、全体のバランスが見事に整っている点です。

地面とほぼ平行になったトップチューブは、それだけで端正な印象を与え、スポーティで走りそうな(実際によく走る!)雰囲気を演出します。

トップチューブが角パイプというのは、折りたたんで持ち上げる際に、滑りづらく握りやすいというメリットもあります。


A1CD78FF-F218-45DE-BC4B-6033D99B7563.jpg
以上、Tartaruga Type SPORTの魅力その2「どんなシチュエーションでも映える唯一無二のフレームデザイン」』​の紹介でした。

お気に入りの自転車は、出かけた時に撮影する風景に思わず入れてしまいたくなることがよくあります。

被写体として、さりげないけど存在感のあるType SPORTを添えてみるのも楽しいと思います。

タルタルーガホームページにある、Tartarugaとカメラを融合させたコンテンツ「Tartarugaとカメラのある生活」もお勧めです。

さまざまなシチュエーションで撮影した風景は、見ているだけでポタリングに出かけたくなりますよ♪


《折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります

posted by サイクルハウスしぶや at 23:26| Comment(0) | Tartaruga | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

Tartaruga Type SPORTの魅力その1 「デザイナーの吉松さんが一番楽しんでいる⁉︎」

Tartaruga Type SPORTの魅力をご案内する前に、皆様に伝えたいことがあります。

それは、「Tartaruga(タルタルーガ)」の生みの親である吉松さんが、自身で作り上げたType SPORT(タイプ スポルト)に乗ることを心から楽しんでいること。

そして各地で開催される試乗会を通して、エンドユーザーと触れ合いながら直接「Tartaruga」の魅力を伝えていることも特筆すべきポイントです。



『Tartaruga Type SPORTの魅力その1  「デザイナーの吉松さんが一番楽しんでいる⁉︎」』

C02731BE-D475-45F8-8A08-DE557387EA73.jpg
「三浦半島への釣〜りんぐで、小さなハゼを釣りあげた時の満面の笑み」

この時の釣果は、たしかこの小さなハゼ1匹だったと記憶しています。
釣果はさることながら、釣ることだけが楽しみではなく‘釣りに行くこと’が楽しいのです。

19D160FB-EC42-4758-BFD5-7F3CA8F5376F.jpg
この釣〜りんぐの際に活躍したのは「Type SPORT」と「Type S専用ロッドホルダー」の組み合わせ。

このパーツの需要がどれだけあるかは、正直なところ未知数です。それでもType SPORT純正オプションパーツの中で、間違いなくハマる人にはハマるアイテムの一つなのではないでしょうか。


FB4CF091-B738-45F5-9020-96D4B50994F5.jpg
そして面白いのが、吉松さんとは今までに何度もツーリングに行っていますが、自転車に乗っている時に背中に荷物を背負っている姿を見たことがありません。

どんなに荷物が多い時にも、です。

さすが設計からフレーム強度など、Type SPORTのことを知り尽くした吉松さんだからこそ、利便性を最大限に活かしたい使い方を徹底されているのだなぁ、といつも感心してしまいます。


82C52A87-0E4C-487D-A034-2CE41E03415F.jpg
以上、Type SPORTの魅力を伝えるシリーズブログの第一回目『Tartaruga Type SPORTの魅力その1  「デザイナーの吉松さんが一番楽しんでいる⁉︎」』の紹介でした。


冒頭でも紹介しました、各地で開催されるTartaruga試乗会にはデザイナーの吉松さんも参加いたします。

当店の次のTartaruga試乗会の開催は下記の日程になります。

開催日:2019年8月17日(土)・18日(日)
開催時間:11:00〜16:00
特別ゲスト:Tartaruga代表 吉松尚孝さん
試乗車:
Type SPORT全シリーズ
Type FOLDING
終了しました

Type SPORTに少しでも興味が湧いた方は、購入前に試乗会で吉松さんとお話するのがお勧めです。
吉松さんのブレない考え方や自転車の楽しみ方、お人柄がよくわかると思います。

1年の中でも開催回数が限られる、サイクルハウスしぶやでの「Tartaruga試乗会」をお楽しみに♪


《折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります

posted by サイクルハウスしぶや at 22:28| Comment(0) | Tartaruga | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

Tartaruga Type SPORTがキャンプツーリングに選ばれる3つの理由

最近、ミニベロや折りたたみ自転車でキャンプツーリングを楽しむ方が増えています。

有名どころの自転車では、birdyやBROMPTONでキャンプを楽しむSNSをよく見るようになりました。

そこで、当店の取り扱いブランドの中でも群を抜いてキャンプツーリングに人気なモデルと、そのモデルが選ばれる3つの理由を紹介したいと思います。

E9E78EFF-E6B2-482E-B724-B7D9441FAE23.jpg
「キャンプツーリングに使いたい折りたたみ自転車」
人気第1位『Tartaruga Type SPORT DX(タルタルーガ タイプ スポルト デラックス)』

一見するとデザイン性の良い普通の自転車なのですが、実は機能性に優れたギミックを持ち合わせています。

なぜキャンプツーリングを好む方にType SPORTが人気なのか。

その理由は下に続きます。

A3D113EE-59AB-4550-8CB7-E2236112083A.jpg
キャンプツーリングに選ばれる理由その1
「なんといっても積載性能が高い」

まずは上の写真をご覧ください。キャンプツーリングに欠かせない荷物の運搬に必要なしっかりしたリアキャリアが装着可能です。

Type SPORTのリアキャリアは、ただ上に荷物を載せられるだけでなく、両サイドにパニアバッグを掛けられるようになっています。

さらに、よくあるリアキャリアはM5(径5mm)のボルトを使っていることが多いのですが、Type SPORT専用のリアキャリアはM6(径6mm)とワンサイズ太いボルトを使っているため、リアキャリアの上と両サイドにパニアバッグを積んでもビクともしない強度を兼ね備えています。

そして、リアキャリアだけでは積載が足りない場合に活躍する、「着脱可能な純正フロントキャリア」もラインナップされているので、ライトなキャンプツーリングから、ヘビーなキャンプツーリングまで幅広い楽しみ方に対応できるのです。


EDAF475E-22BB-43A8-BF48-5869394C2E1A.jpg
キャンプツーリングに選ばれる理由その2
「カーボンフレームを超えた⁉︎ 前後サスによる疲れにくさ」

Type SPORTには計算され尽くした前後サスペンションが搭載されています。

サスペンションと聞くと、「柔らかい」「力が逃げる」などのイメージを持たれる方がいますが、Type SPORTに乗ってみると、そのイメージは簡単に払拭されます。

絶妙な固さのエラストマーを使ったサスペンションは、ペダルをこいだ時の力を逃がすことがなく、路面からの微振動のみを乗り手に伝えるのを抑える性能を持っています。

そのため、ロングライドの際に必ずといっていいほど経験することになる「上り坂」で威力を発揮するほか、アスファルトから身体に伝わる細かい振動を、絶妙に吸収してくれるのです。

以前、Type SPORTを購入いただいた方がその後、カーボンロードを購入した後に「驚きました。カーボンロードの方が乗り心地が良いと思っていたのですが、僕にはType-S(SPORT)の方が乗り心地が良く、楽に走れることが分かりました。」と仰っていたのが印象的でした。


749FA268-CB28-49B1-99AF-6DCAAE331101.jpg
​キャンプツーリングに選ばれる理由その3
​「キャンプ場の近くまでは輪行可能!折りたたみ自転車ながら抜群の走行性能」

​キャンプ好きなお客様からType SPORTを決めた理由で、「ロードレーサーで行くキャンプツーリングは、行ける範囲が限られている。キャンプ場は最寄駅からも結構離れていることが多いので、輪行&積載&よく走る、の3つの条件を満たす自転車のType SPORTは最強。」と伺ったことがあります。

折りたたみ自転車はたたんだ時のサイズを小さくするために、ホイールサイズを小さくして、走行性能までも犠牲にするモデルもございます。

しかし、Type SPORTの場合、2種類の折りたたみ方を使い分けることで、より小さく折りたたむことも可能です。

輪行する環境に合わせて使い分けれる便利さがあるのです。

話は戻りますが、キャンプに慣れたそのお客様は、チタン性のボトルケージやボトルなどを所有されており、荷物を極力軽くするように徹底されていました。

フロントバッグなども工夫して付けていて、まさにキャンプツーリングに使う自転車のセレクトとしてピッタリだなぁと感心したことをよく覚えています。



以上、Type SPORTがキャンプツーリングに選ばれる3つの理由でした。

キャンプツーリングに使える折りたたみ自転車は他にもありますが、Type SPORT以上に考え込まれた自転車は他にはないでしょう。

ツーリングに適したType SPORTは、店頭でいつでも体験可能です。

乗れば乗るほど良さが分かる自転車なので、ご試乗の際は時間を忘れて、気ままに乗ってみることをお勧めしております。

Tartarugaのホームページにある「キャンプ」や「コーヒー」と組み合わせたコンテンツが使用イメージを膨らませてくれます。


キャンプツーリングの相棒にType SPORTを検討してみてはいかがでしょうか♪


《折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります

posted by サイクルハウスしぶや at 23:22| Comment(0) | Tartaruga | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする