2019年07月03日

好きな色への塗装が無料 人気のスピード系バイク Tyrell FSX・FX

7月13日(土)〜15日(祝月)の三連休中に開催する『カラーオーダーバイク試乗会』。

納車までお時間を頂戴するカラーオーダーでのご注文は、秋の行楽シーズンに間に合う7月中のご検討がお勧めです。

今回は日本のブランド「Tyrell(タイレル)」のスピード系折りたたみ自転車で、カラーオーダーも人気なFSX(エフエスエックス)とFX(エフエックス)を紹介したいと思います。


【目次】
1. ​カスタムしなくても速いTyrell FX・FSXシリーズ
​2. ​フォールディングモデル最上位‘FSX’
3. ​ハイコストパフォーマンスのファクトリーモデル‘FX’
4. ​ファクトリーモデルのみ許された特別オーダーカラー
​5. ​FSX・FXシリーズの入荷状態と当店の組み上げ方
6. ​まとめ




1.【カスタムしなくても速いTyrell FX・FSXシリーズ
当店で扱っている折りたたみ自転車のラインナップでも、カスタマイズを含めてスピード系バイクにすることができるモデルはございます。

しかし、最初から性能の高いパーツが組み込まれているモデルは実は少ないのです。

TyrellのFSX(エフエスエックス)、FX(エフエックス)シリーズは、後からカスタムする必要がないくらい良い部品が組み込まれているため、購入後の満足度が高いモデルとしても知られています。




2.【フォールディングモデル最上位‘FSX’
32619CB8-511F-417A-8022-453EB742CAB5.jpg
Tyrellフォールディングシリーズの最上位モデルがFSX(エフエスエックス)です。

フロントフォークはコラムも含めてフルカーボンで、路面からの振動吸収性に優れ、長距離走行も可能に。

また、ヘッドパーツの下側はオーバーサイズになっており、非常にハンドリングが安定するため、高速走行時に本領を発揮します。

DAD7ADDA-C075-4220-8A5E-45F0D1692C89.jpg
‘ファクトリーモデル’のFSXは、Tyrell自社工場でのフレームを仕上げる最終工程を、ワンランク上のクオリティで作られています。

そのため、アルミフレームながら溶接箇所がとても滑らかに手作業で仕上げられ、KADOWAKIコーティングによる塗装との相性が良いのも特徴です。

塗装の前段階でフレームの仕上げにこだわるブランドは、少ないのではないでしょうか。

時間をかけて一台一台丁寧に作り上げる姿勢は日本のブランドならではですね。

FSXは走りに特化したスポーティな折りたたみ自転車のトップグレード的位置付けです。ロードレーサーを所有しながらも折りたたみ自転車を検討された多くの方に選ばれている、走行性能に妥協のないモデルになっています。

『Tyrell FSX フラットハンドル仕様 価格312,000円〜(税別)』
「FSX フラットハンドル仕様書」

『Tyrell FSX ドロップハンドル仕様 価格319,000円〜(税別)
「FSX ドロップハンドル仕様書」

『Tyrell FSX Di2仕様 価格473,000円〜(税別)』
「FSX Di2モデル仕様書」




​3.【​ハイコストパフォーマンスのファクトリーモデル‘FX’
A02A0C1C-AD5A-4848-8BCD-7F2C6D5BEB0C.jpg
Tyrellのもう一つのファクトリーモデルがFX(エフエックス)です。

FXはFSX同様に高性能ホイールの「AM-6」を採用し、ハイコストパフォーマンスを実現したモデルです。

ペダルを踏み込めば、その力を逃がすことなく推進力に変えてくれる乗り味は、FSXからしっかり継承されており、のんびりポタリングするつもりが思わず目一杯ペダルを漕ぎたくなってしまう楽しさが秘められています。

自分の好きなカラーでオーダーできるのも魅力の一つです。

『Tyrell FX フラットハンドル仕様 価格229,000円〜(税別)』
「FX フラットハンドル仕様書」

『Tyrell FX ドロップハンドル仕様 価格260,000円〜(税別)』
「FX ドロップハンドル仕様書」

『Tyrell FX Di2モデル仕様 価格426,000円〜(税別)』
「FX Di2モデル仕様書」




4.​【ファクトリーモデルのみ許された特別オーダーカラー】
ファクトリーモデルのFSXとFXのみ​​が施工できる、KADOWAKIコーティングのスペシャル塗装[Tyrell×KADOWAKI「匠色takuniiro」]。

職人の手による表面処理を施したフレームは、光の当たったフレームに一筋の光線が走る輝きを得られるクオリティの高さが魅力です。

「匠色takumiiro」は全2色。

1F010577-F096-4E7D-BE06-F72E1089C01F.jpg
『せとしるべルビーレッド』
どこまでも透き通る真紅のフレームカラーは、眺めていると吸い込まれそうな静かな輝きを放ちます。

光が当たった時の光線が、見事にまっすぐ伸びる様はフレームの仕上げ処理の精巧さが一目でわかります。

C876DBD7-20B9-4BCB-ADB3-01C3055AA180.jpg
『ムーンリットナイトブラック』
通常のブラックではなく、まるで水面に月明かりが照らされたような透明感のある深い輝きを印象付けます。

ブラックでありながらどこまでも濁りなく光を反射するフレームからは、怪しさの中にもどこか落ち着いた雰囲気を醸し出します。


「匠色takumiiro」の2色は試乗車として常に展示しております。その輝きは、ぜひ晴れた日に店頭で直接ご覧ください。




5.​【FSX・FXシリーズの入荷状態と当店の組み上げ方】
Tyrellの特徴として、フレームとパーツの殆どが分解された状態で入荷します。

そのため、お店に入荷して一から組み上げていく流れになり、精度よく部品を装着していくことができるのです。

当店ではTyrellの完成車を組み上げる際に、ホイールの微妙な歪みを改善する‘振れ取り’からワイヤーへ特別なグリスアップ、各ボルトの増し締め、ギアの全段数での変速確認、そして最終的に乗車確認と折りたたみ&展開をチェックをした上で納車しております。

ハイクオリティな自転車は、組み上げの方法によって真の性能を発揮させることができるのです。




6.​【まとめ】
​世界に一台だけのお気に入り自転車が作れるカラーオーダーシステム。
Tyrell FSXとFXはどちらも無料(クラス3以上や塗り分けは有料)で好きな色に塗装が可能です。

カラーオーダーは納車までに時間がかかりますが、妥協なくフレーム仕上げからKADOWAKIコーティングによる完成度の高く、塗膜も強いパウダーコーティングが施行されるので、ご予約されるお客様からは、「待つ時間もワクワクして楽しい」と嬉しい声をいただくこともあります。

スピード系フォールディングバイクは、乗り比べた時に、その走行性能に圧倒される方が続出しています。

店頭には「FSX ドロップハンドル ULTEGRA仕様(せとしるべルビーレッド)」と「FX フラットハンドル 105(イチマルゴ)仕様(ムーンリットナイトブラック)」の試乗車がいつでもお試しいただけますので、ぜひご体感くださいませ。

カラーサンプルを豊富に用意する『カラーオーダーバイク試乗会/2019年7月13日(土)〜15日(祝月)』もお勧めのイベントです。

皆様のご来店をお待ちしております★


《折りたたみ自転車&ミニベロE-BIKE(電動アシスト)専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります

posted by サイクルハウスしぶや at 22:36| Comment(0) | Tyrell | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする