2019年07月22日

Gic TRANS MOBILLY 16インチ 12.9kgの軽量電動折りたたみ自転車

折りたたみができる電動アシスト自転車が増えてきています。

でもちょっと待って。たためても電動自転車だと重たくて運べないんじゃないの?

そんな折りたたみ式の電動自転車のイメージを覆すのが「TRANS MOBILLY(トランスモバイリー)」です。

0B00DEE8-9DD6-4931-BF18-8FC508772E2D.jpeg
『Gic TRANS MOBILLY 16インチ 全3色 価格120,000円(税別)』

16インチでコンパクトなフレームに頼もしいモーターユニット。1モードながら一度バッテリーのスイッチを入れれば、12kmはモーターがアシストしてくれる安心感はあなたのサイクリングを優しく、そして坂道では力強くサポートしてくれます。

1CA8ACEF-B7CE-4327-8066-0AABBCB51B8B.jpeg
ハンドルの上にマグネットとベルトで固定するバッテリーは、超小型でハンドルの真ん中に配置されるため、ハンドリングに影響がなく、バッテリー残量もひと目で分かるので、あとどのくらい走れるか確認しながら走行可能です。

コンパクトながらモバイルバッテリー機能を搭載しており、不意にスマートフォンのバッテリーが無くなってしまっても予備充電器として活躍してくれます。

さらに、電源ボタンをチョン押しすると、バッテリー前部にあるフロントライトが点灯します。

地面を照らす光量はないものの、うっかりフロントライトを忘れたり、自転車に乗っていない時に、懐中電灯の役割を持ち合わせます。

46EFE27B-2663-4DE1-88C2-98322E292895.jpeg
モーターユニットはフレームの中心部分にあるため、自転車としての重量バランスが良く、小型形状なので、軽量化にも貢献。
折りたためる電動自転車の中でも軽量な約12.9kgを達成しているので、専用の袋に入れて電車やバスでの輪行も可能です。

『TRANS MOBILLY専用 14・16inch収納バッグ 価格5,000円(税別)』

また、ホイール周りにモーターを配置していないため、一般的なスパナを使ってホイールを外すことが可能です。
電動自転車を選ぶうえで、ご自身でタイヤやチューブを交換する際に重要なポイントになります。

1033C76C-83DE-40F7-8089-8AEE69EB95B7.jpeg
付属のサドルバッグには、別売の予備バッテリーが収納可能です。

予備バッテリーは2.8Aと4.0Aの2種類が発売されており、それぞれ一回の充電で12kmと24kmの距離を走ることが可能です。

『2.8Aマグネット脱着式バッテリー 価格15,000円(税別)』
『4.0Aマグネット脱着式バッテリー 価格18,000円(税別)』

4D5BBBB4-13EF-41B7-AD88-9E6250C541A1.jpeg
たたむと非常にコンパクト。

専用輪行袋に入れて肩ひもで担げば、電動自転車とは思えない軽さを感じます。

6段変速のギアはアシストが働いているときはギア比が全体的に少し軽めな印象がありますが、街乗り〜中距離走る上では必要十分なギア比と言えるでしょう。

車体が軽量なことから、たとえバッテリーが切れても走行感にほとんど支障がない走行性能を持っております。
予備バッテリーも小型なので、走りたい距離に合わせてバッテリーを携帯する使い方も良いと思います。

E-BIKEらしいグイグイ走るアシスト力がある自転車も人気ですが、TRANS MOBILLYのような優しく安定的にポタリングをサポートしてくれるアシスト力も街乗りには便利です。

電動自転車を検討される際は、坂道の多い観光地や車輪行にも特性を活かせる「TRANS MOBILLY」を候補に入れてみてはいかがでしょうか。


《折りたたみ自転車&ミニベロE-BIKE(電動アシスト)専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります
posted by サイクルハウスしぶや at 23:34| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする