2021年01月06日

折りたたみ自転車&ミニベロを取り入れた生活の魅力 #3

いつも当店のブログやSNSをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ブログやSNSがきっかけで当店を知って来店やメールで問い合わせをもらうことも多く、本当にありがたい限りです。

73777E2F-CEF7-4758-AC6C-875C72EE448E.jpg
折りたたみ自転車&ミニベロを取り入れた生活の魅力」をテーマにしたブログも3回目を迎えました。

第一弾では私が折りたたみ自転車&ミニベロにハマり、どのように生活の一部になってきたか、前回の第二弾は自分にマッチした自転車に出会う方法とそのポイントについて説明しました。

ここまでのお話で折りたたみ自転車&ミニベロを使うことで人の'移動'を快適にし、生活そのものをガラリと変えてくれること、自分の用途に合った自転車を選ぶにはそれなりの時間と体験が必要であり、私も多くの失敗と成功を経験して選定できるようになったことを少しでも感じてもらえていれば嬉しいです。


一様に折りたたみ自転車と言っても様々な種類があることは周知の通りです。

一般的にはあまり語られることはないのですが、有名かつ人気の車種でもやはり弱点となるポイントが少なからず存在します。

例えばBROMPTON。世界的にも人気の折りたたみ自転車ですが、鉄であるが故に錆びを避けることが難しいことに加えて、軽量とは言い切れず、軽量化には相応のお金がかかります。

しかし、乗れば乗るほど馴染むBROMPTONは、愛用者が多いことが証明する通り、長く乗る上でも壊れづらく、適正な注油やメンテナンスをすることで錆を低減することも可能なほか、コスパの良い軽量パーツを上手く使うことで効率よく軽量にすることも可能です。

また、折りたたみ自転車ブームの火付け役であるbirdy。バランスが良い自転車であるが故に、自分の使い方に合わせるには、それなりのカスタム知識と何が必要かを判断するために乗り込む必要性を感じます。
その反面、birdyは知れば知るほどカスタム次第で乗り心地さえも変更でき、アフターパーツの豊富さでは他の車種を圧倒し、工夫次第で無限の使いやすさを叶えてくれる名車に数えられます。

このように、折りたたみ自転車は種類が多く、それぞれに特徴があります。

その特徴の中でも、デメリットになる部分はあまり広まらないため、高額なモデルを買った後に「この部分がイマイチ…」と気付くことにもなりかねません。

驚くことに、折りたたみ自転車を買ったにもかかわらず「折りたたみにくくてほとんど折りたたんでいない」とか、輪行目的で購入したのに「重たくて購入してから輪行したことない」という方が新たな自転車を求めて相談に来るケースが後を断ちません。

私たちからすると本当にもったいないことだと感じるのですが、このような状況が少なからず現実に起こっています。


店頭での折りたたみ自転車選びの中で、よくあるご質問は「軽い折りたたみ自転車はどれですか」という内容です。
6kg〜7kg台のモデルが最も軽く、どなたでも片手で楽々持ち上げられます。
具体的には「DAHON K3」などが人気です。

また、「小さくなるのはどれですか」というご質問もよくあります。
3辺の合計が140cm台のモデルもあれば、高さを除けばA4サイズの寸法に収まるモデルもございます。
具体的には「BROMPTON」や「CarryMe」などです。

それらの自転車を自分の生活(あるいは使い方)にピッタリ合うか確認するには、購入しては使い込み、時には輪行し、用途や生活スタイルが変われば別のモデルを購入という必要がありました。


そこで、購入ではなく気軽に折りたたみ自転車&ミニベロを'使える'システムがあったらいかがでしょうか。

狙っている高額なモデルを購入するための資金を準備する必要は一切なく、購入のために踏ん切りがつかず、長い期間悩む必要もないシステムです。

折りたたみ自転車&ミニベロを使いたいと思った時に予約して納車、その後は好きなタイミングで返却や乗り換えが可能、使い続けるのもいいし、購入前のお試しという感覚でもOK。
通勤や街乗り、旅行での輪行など、その自転車が生活に馴染む感覚を簡単に体験できるイメージになります。


それが新たに始まる折りたたみ自転車&ミニベロ専門の月額定額利用のサブスク「しぶサポ」です。

実は昨年11月から試験的にプリサービスとして公開していたのですが、今回新たにモデルを増やしてリニューアルページをアップすることになりました。

今、生活をガラリと変える折りたたみ自転車&ミニベロを体験してみたい方は、間もなく公開のリニューアルページをぜひご覧ください。

生活を飛び越えて、これからの人生までも変えるかも知れないと言っても過言ではありません。

用意している車両は数が限られます。
ここでは早い者勝ち、ということしかお伝えできませんが、リニューアルページの公開記念として、期間限定で先着サービスを用意する予定です。


リニューアルページの公開日は1月8日(金)。

折りたたみ自転車&ミニベロの"購入"ではない"利用"の扉が開くのはもう少しです。

新たな生活スタイルを叶えるサービスのスタートをお楽しみに。


☆☆ブログ記事への感想やご不明な点はコメント欄までお気軽にどうぞ♪☆☆


《折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
----------------------------------------
営業時間10:00〜19:00
定休日:火・水・木曜日

2021年は1月7日(木)10:00から営業いたします☆
※木曜日は通常は定休日ですが、初日の7日は特別に開店いたします
----------------------------------------
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります
posted by サイクルハウスしぶや at 21:49| Comment(0) | サイクルハウスしぶやからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

折りたたみ自転車&ミニベロを取り入れた生活の魅力 #2

いつも当店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

イベントやプチ旅行に行った記事を書いた後に「ブログ見たよ!」と店頭で声をかけてもらえるととても嬉しくなります。

FB390525-F65E-4040-8E24-6E1A1745BEA0.jpg
前回のブログでは私が折りたたみ自転車&ミニベロの魅力に取りつかれたきっかけのお話をしました。

知人にこの話をすると、決まって「自転車バカ」のレッテルを貼られてしまうのがたまにキズです。でも折りたたみ自転車&ミニベロに出会った時から現在進行形で間断なくどっぷりハマれる折りたたみ自転車&ミニベロという乗り物兼趣味に出会えたことは、喜ぶべきことだとも感じています。

もしこんなに便利なものに出会っていなかったらと思うと、今ではその生活の想像もつきません。


さて、自分の体格や趣味趣向にバッチリとマッチして、生活の必需品とも言えるほど便利な折りたたみ自転車&ミニベロに出会うにはどうするのが良いでしょうか。

本来的には長い時間をかけて色々なモデルで走ったり折りたたんだりして'経験'するしかないでしょう。

こう言い切れるのは、本当に自分に合う自転車を模索するために、何を隠そう私も様々な折りたたみ自転車&ミニベロ(もちろんどの自転車もカスタムしました…)を乗り継いできたからです。

それこそ時間はもちろん、声を大にして言えないほどお金をかけて多くの失敗と成功を重ねた結果からようやく知った(知ってきた)という経験をしてきました。

私のように折りたたみ自転車&ミニベロの個性的なフォルムに魅了されたのであれば、一目見て気に入った自転車を買って(作って)乗れば満足度は必然と高くなるのでそれで一件落着となりますが、折りたたみ自転車&ミニベロに求めるものは人それぞれです。

有名ブランドだけでも軽さ、折りたたみやすさ、持ち運びやすさ、デザインなど個々に特徴があり、能力や扱いやすさは千差万別。多くのラインナップから仕様などを比較検討しながら、自身の使い方に合うモデルを決めるのは至極大変な作業です。

さらに、一台一台は手間隙かけて作られていることに加えて壊れにくい分、低コストとは言い切れないのが現状です。
その為、散々悩んだ末に買った後でいざ使ってみたらイメージと合わなかった、ということになれば簡単に買い替えが効きません。

本当に自分に合う自転車を選ぶためには、インターネットや人から得る情報、軽い試乗だけでは不十分なのです。少し時間をかけて乗り込むことも必要となってきます。折りたたみ&展開(使い方によっては輪行)方法も身につけなければなりません。

その両方が可能な方法を見つけ出しました。じっくり乗ったり輪行をしつつ、好きな時にコロコロ乗り換えて本当に自分に合う自転車を見つける方法です。

私が用途に応じて折りたたみ自転車&ミニベロを選んで使い分け、なんのストレスもなく生活に取り入れられるようになった方法をご紹介しましょう。
何が有効で、何が有効でないかをお教えします。
そして、次回はありがちな誤りを正す方法もお伝えしましょう。


☆☆ブログ記事への感想やご不明な点はコメント欄までお気軽にどうぞ♪☆☆


《折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
----------------------------------------
営業時間10:00〜19:00
定休日:火・水・木曜日

2021年は1月7日(木)10:00から営業いたします☆
※木曜日は通常は定休日ですが、初日の7日は特別に開店いたします
----------------------------------------
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります
posted by サイクルハウスしぶや at 21:05| Comment(0) | サイクルハウスしぶやからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

折りたたみ自転車&ミニベロを取り入れた生活の魅力 #1

明けましておめでとうございます。
昨年は新型コロナウイルスの影響でソーシャルディスタンスが合言葉のようになりました。
「社会的な距離の保持」の意味を持つこの言葉は、人と人とのつながりまでも疎遠にしてしまう印象がありますが、私たちは日頃からご愛顧いただいているみなさんのお陰で時間短縮を交えながらも営業を続けることができました。
この場を借りてお礼申し上げます。

まだまだ厳しい状況が続きますが、折りたたみ自転車&ミニベロを通じて今年も微力ながらお役に立てるよう1月7日(木)から営業いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


61EDBDA9-5B6C-48EB-95DB-DEB3C5B520FE.jpg
さて、私もみなさんと同じで折りたたみ自転車&ミニベロの魅力に取りつかれた1人です。
子供の頃に出会ったタイヤの小さな自転車の独特で個性的なフォルムに、一発でノックアウトされました。
そして大きくなるにつれて、今までの"折りたたみ"ルック"自転車とは違う、しっかり走り、いとも簡単にたためる"折りたたみ自転車"を知ったとき、ある種の衝撃を受けるとともに価格の面でも驚きました。
ちゃんとした折りたたみ自転車を持っていたらどんなに面白い遊びができるだろうか、と感じたのは、まさにその瞬間です。

そして数年後、ふとしたきっかけで念願の"折りたたみ自転車"を手に入れた時、家にその自転車が置いてある喜び、自転車で新しい場所に行くことをを考えるドキドキ、走っている時に風を感じるワクワクが、日々の環境をガラリと変えたのは言うまでもありません。

幼い時は、ちゃんとした折りたたみ自転車はただただ雑誌や本で見たり、せいぜい街で走っている人を羨ましそうに眺めているだけでした。今では、(仕事を除いても)365日を通して乗らない日を数えた方が早いほど生活にバッチリ馴染んでいます。みなさんにも同じことが可能です!
次回はその方法をご説明しましょう。


☆☆本ブログの下には「コメント欄」があります。折りたたみ自転車やミニベロに関するご質問や疑問点、こんなふうに折りたたみ自転車を使ってるよ!など、なんでもOKなのでコメントや感想などの反応を頂けると嬉しいです!☆☆


《折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
----------------------------------------
営業時間10:00〜19:00
定休日:火・水・木曜日

2021年は1月7日(木)10:00から営業いたします☆
※木曜日は通常は定休日ですが、初日の7日は特別に開店いたします
----------------------------------------
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、千葉駅からは約50分になります
posted by サイクルハウスしぶや at 09:46| Comment(0) | サイクルハウスしぶやからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする