2021年04月12日

【Tartaruga Type SPORT × カスタム】ドロップハンドル化についてと作業工程の種明かし

fotor_1618237991692.jpg
この度ご依頼いただいたのは
【Tartaruga Type SPORT × ドロップハンドル化】
のカスタマイズでした。

オーナー様セレクトの
ベージュ系のタイヤとバーテープのコーディネート。
Tartaruga純正フェンダーの引き締まったブラックとも相性がよく
抜群にキマっております!!

オーナー様はBromptonも所有されているとのことで
Bromptonとの得意分野の差別化を図る狙いもございます。
今回は新車納車時に合わせたカスタムでした。

近頃は過去に購入いただいたオーナー様達からも
ドロップハンドル化についてご相談いただくことが増えてきました。
そこでこの場で現時点2021年度でのカスタムについて
可能な限りの情報をまとめてご案内したいと思います。

ご検討の一助となりましたら幸いです ♪

fotor_1618238030174.jpg
ドロップハンドル化するメリット
何といってもフラットハンドルと比べて
ハンドルポジションの選択肢を増やせることです。

フォールディングバイクでありながら
優秀なツーリングバイクという一面を持つ
Tartaruga Type Sportシリーズ。

Type-S SDとDXモデルに標準装備されているフラットハンドルは
フラットハンドルながら可変式の角度調節ステムとも相まって
様々なポジションのセッティングが可能となります。
しかし
角度調節作業は停車して工具を使う必要がございます。

ドロップハンドルは一度セッティングを行ってしまえば
走行中にも握る部分を変えることで
様々な乗車姿勢をとることが可能となります。

ドロップハンドルはバーを身体から見て「縦方向」に握ります。
これは「横方法」に握るフラットハンドルと違い自然と脇が閉まります。
それにより加速時や立ち漕ぎの際に
上半身の力をペダリングに乗せやすくなります。
この加速感は非常に心地よく、一度体験すると結構癖になります。
そして何より長距離走行を効率よくかつ快適に走ることが可能になります。

fotor_1618238063037.jpg
今回のドロップハンドルとステムは
【NITTO】製のものを使用いたしました。

Type Sのドロップハンドル化をご案内させていただく場合
オーナー様がもとより明確なポジションのイメージをお持ちの場合を除いて
店頭試乗車のType S GTのドロップハンドルを実際に体験いただきながら
打ち合わせをさせていただいております。

Type S GTの乗車ポジションを基準として
「ハンドルをもっと手前に」
「ハンドル幅をもう少し広げたい」
などとお客様のご希望をお伺いいたします。
折りたたみ機能と両立させるため、
一部組み合わせが困難なポジションがございます。
予めご了承くださいませ。

これまでのオーナー様達から頂戴した
ポジション検討の際のご希望を大きく分けると
【脇を占めてスピード重視で乗りたい⇒ハンドル幅を狭くする】
【景色を見ながらマイペースに走りたい⇒ハンドル幅を広くする】
といった具合になります。

fotor_1618241674556.jpg
〜イメージ〜
理想のType Sのサイクリングシーンをイメージしながら
オーナー様の目的に応じてご要望くださいませ。

fotor_1618238198837.jpg
後部の脚周り
繰り返しとなり恐れ入りますが
純正フェンダーとタイヤのベージュカラー最高に合いますね!

ワイヤーカラーを変えたりするカスタムの場合は
脚周りから先に組んでおくと作業がスムーズになります。
今回はDX純正のDXベースでのカスタムなので長さの変更はないですが
ブレーキキャリパーやディレーラーを組み換える際には
折りたたみの際に突っ張ることの無いように
実際に折りたたみ検証をしながら
無駄の無いワイヤーの長さを1本ずつ探ります。
欲張って雑に長く残しておくとワイヤー伸びが出た伸びしろが大きくなり、
後々の変速性能に影響を及ぼすためワンオフが基本です。

ポイントはワイヤーがスムーズ動く余裕を残すために
チェーンステーの結束バンドを固く締めすぎないことです。
またBB下を通る前ディレイラー用のアウターワイヤーのみ
シフトワイヤーではなく、ブレーキワイヤーを使用します。
これは折りたたみの際の急角度での変形を抑制する効果があります。

余談ですがType Sのこれまでの前ディレイラー台座には
shimanoの4700やR7000系の形状の前ディレイラーは装着できません。
当店の過去のカスタムでは一部前ディレイラーのみ
Micro Shift製のものを使用しております。
カスタム後、オーナー様に上記の組み合わせでの
不具合発生のお声は頂戴いたしておりません。
Micro Shift様様であり、
Shimano製STIレバーの品質に感謝するばかりです。

fotor_1618238097172.jpg
ハンドル周りのワイヤールーティーン
自転車の最終的な美観はワイヤーの仕上げの質により露骨に変化します。

各ワイヤーの長さもオーナー様のご希望のポジションや
部品が異なる為ワンオフです。
1本1本微調整しながら長さを決めていきます。

Type Sの各ワイヤーの長さを決める際
「長すぎると余計な摩擦で変速に影響が出る場合がある」
「短すぎるとイージーフォールディングに支障をきたす」
といった具合になります。
ワイヤーを張る順番は
 @後ディレイラー
  A前ブレーキ  
  B後ブレーキ  
 C前ディレイラー
となります。
ワイヤーを張るごとにイージーフォールディング、
折りたたみ後のハンドルポジションのセッティングと
折りたたむ動作でワイヤーが引っかかったりしないか等を
実際の動作を交えて細かくチェックいたします。

この作業の中で前ディレイラー用のアウターワイヤーには
インナーワイヤーのテンションの調節用の
ワイヤー(ケーブル)アジャスターを追加します。
使用するのはJAG WIRE製の物がコンパクトな為、お気に入りです。
組み込む際に違和感、異物感が無いようにするのは腕の見せ所です。
今回の写真の中にもチラッと映っておりますので探してみてください ♪

fotor_1618238141960.jpg
イージーフォールディングアダプターのカスタム

オーナー様それぞれにハンドルポジションが様々であることと
折りたたみ動作の中での組付け時にハンドルとフレームの衝突を防ぐために
アダプター自体にも高さ調節の手を加えます。
スペーサーがん積みでもゴリ押しできますが
見た目があまり美しくないので最近は
キャスター内ベアリング用M5スペーサーをよく使用します。
地で美しく、加工もしやすく、アルマイト塗装も可能な便利アイテムです。

ワイヤー系のワンオフクラフトの関係でコストはかかりますが
Type S DXにのみ装着されている高性能シールドベアリングホイールを活かした
ドロップハンドル化カスタムはType S DXの底力をしゃぶりつくせます。

カスタムのお見積もりには
オーナー様とのポジションに関する細かい感覚の共有や
車体の状態を把握、部品選びの打ち合わせをする必要がある為、
メールでのご案内はほぼお承りすることが困難となります。
予めご了承ください。

カスタムをご検討のお客様は
お気軽に車体と一緒にお店に遊びにいらしてくださいね〜 ♪

折りたたみ自転車&電動アシストミニベロ専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
----------------------------------------
営業時間10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
----------------------------------------
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、
東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります
posted by サイクルハウスしぶや at 23:56| Comment(0) | Tartaruga | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする