2019年07月24日

BROMPTON(ブロンプトン) 失敗しない選び方

1986年に最初の試作車が作られてから約30年、今もなおロンドンで作り続けられるBROMPTON(ブロンプトン)。

今回はBROMPTONの購入を考えている、もしくは興味がある、という方に向けて数種類から選択できる「BROMPTONの選び方」を紹介したいと思います。


【目次】
1. ​ BROMPTONとは
2. ​スチールモデルとチタンモデル
3. ​ハンドルの種類
​4. ​ギアの種類
​5. ​リアキャリアの有無
​6. ​モデルごとの価格
​7. ​豊富なアクセサリー
​8.  ​オーダーメイドのB-spoke(ビスポーク)
​9. まとめ


1.​【BROMPTONとは】
0A181EAA-40EB-4C48-8FAC-71B4CF4C5894.jpg
BROMPTON(ブロンプトン)はイギリスで生まれた折りたたみ自転車です。

発明者はAndrew Ritchie(アンドリュー リッチー)。

ケンブリッジ大学の工学部を卒業した彼は、1976年にlandscape gardener(造園家)として働いていた当時、後に世界で「BROMPTON」と呼ばれる折りたたみ自転車を思いつきます。

「BROMPTON」の名前は、Andrew Ritchieが生まれ育った故郷、ロンドンのサウスケンジントンの自宅から見下ろせる、「BROMPTON礼拝堂」が由来と言われています。

それから約10年、1986年に初となる30台の量産車を販売。

今日に至るまで、「世界で一番人気な折りたたみ自転車」と誰もが認める自転車にまで成長しました。

その背景にはAndrew Ritchieが情熱を持って「まるで取り憑かれたように」BROMPTONを作り続けた歴史があります。




2.【​スチールモデルとチタンモデル】
00FF5C46-AFB4-43DA-8DB8-98F2485E5E67.jpg
最もポピュラーなのが発売当初から継続して製造されている「スチールモデル」です。

メインフレーム、フロントフォーク・サブフレームが全てスチール(鉄)で作られており、その強度はイギリスを始め、各国で通勤用の自転車としてもハードに使われていることからも伺い知れます。

対して折りたたみ自転車の性能としてどのブランドも研究し続ける‘軽量化’を図ったのが「チタンモデル」です。スーパーライトモデルとも言われるフレームは、メインフレームはスチールのままに、フロントフォークとサブフレームが全てチタン素材になっています。

また、ヘッドパーツはスチール製からアルミ製へ、フェンダーステーはステンレス製からチタン性へ、そしてフロントハブには、より軽量で回転性能の高いシールドベアリング性にグレードが上がっています。

自転車は100gを減らすのに10,000円の費用で軽量化できればコストパフォーマンスが良いと言われています。

車体価格が100,000円上がりますが、約900gもの重さを軽量化できる「チタンモデル」は、上記の方程式から見ると、ご予算によっては検討する価値が十分にあると言えるでしょう。

なお、2019年7月時点でチタンモデルは受注停止の状態になっております。受注再開時期が未定のため、再開しましたらホームページでご案内予定です。




3.【​ハンドルの種類】
C53A75B0-CF1B-4579-8003-3E5E3D933876.jpg
ハンドルの形状は3種類あります。
写真上から「Mハンドル」「Sハンドル」「Pハンドル」。

「Mハンドル」は最もBROMPTONらしいポピュラーなハンドルです。

「Sハンドル」は「Mハンドル」よりもハンドル位置が低くなるため、よりスポーティな姿勢で走ることができます。このハンドルが付いているモデルは、唯一細いスリックタイヤが採用されています。

「Pハンドル」は握る箇所が多く、ツーリングに適したハンドルと言えます。「Pハンドル」は惜しまれながらも2019年に生産終了が決まったハンドルになります。

後に紹介するB-spoke(ビスポークと読みます)では、「Hハンドル」が選択可能です。

「Hハンドル」は「Mハンドル」と同じハンドル形状ですが、ステムが少し長いため、よりアップライトで楽な姿勢で走ることができます。

BROMPTONを選ぶ際にはハンドル形状がモデル名の頭文字につくため、「M3R」や「S6L」と表記されます。




4.【ギアの種類】
4488AF6A-7527-4D69-B0A8-F4B3A493EA24.jpg
ギアは大きく分けて「3段ギア」「6段ギア」「2段ギア」の3種類あります。

「3段ギア」はハンドル右についているレバーで操作するシンプルなギアシステムです。
近距離から中距離はこのギアで問題なく走れます。

「6段ギア」は内装3段と外装2段を組み合わせて作られるギアです。ハンドルの左右にあるレバーを操作することで変速させることが可能です。
「3段ギア」に比べて、軽いギアと重いギアが増えるギア比になっているため、中距離〜長距離のサイクリングにも適応します。BROMPTONのギアの中で最も人気のあるギアになっています。

「2段ギア」はハンドル左に付いているレバーで操作する外装式のギアシステムです。
外装式のため、ハブの性能を高めることができ、走行性能が高いホイールになっています。スポーティに走りたい方に人気のギアです。

BROMPTONを選ぶ際には「S​2​L」や「P​6​L」など、モデル名の2番目に表記される数字がギア数になります。

初期状態のギア比が体力に合わない場合は、ギア比を変更するカスタムが可能なので、お気軽にご相談ください。




5.【​リアキャリアの有無】
185CABF7-1E3B-4AF6-A19F-8B461D5FA37E.jpg
BROMPTONはM6及びP6モデルで、リアキャリアの有無が選択できるようになっています。

BRONPTONにおけるリアキャリアには、二通りの役割があります。

一つ目は荷物を載せる役割。
二つ目はBROMPTONをたたんだ時に転がしやすくする機能を持たせる役割になります。

折りたたみ自転車を持ち運ぶ際に転がして運べると、驚くほど楽に移動が可能です。

自転車を軽量化して担いで運ぶのも良いのですが、お財布も‘軽量化’されるのが悩ましいところ。

そこで活躍するのがリアキャリアというわけです。

少しのコストで移動が劇的に楽になるため、折りたたんだ状態での移動が多い方にはお勧めのアイテムになります。

BROMPTONを選ぶ際には「M6L​」や「P6​R​」のように、モデル名の3番目に表記される‘L’か‘R’の文字でリアキャリアの有無が判断できます。

‘L’は泥除けのみ装着された状態で、リアキャリア無しのモデル、‘R’は泥除けとリアキャリアが装着された状態のことを指します。

もし、純正部品にこだわりがなければ、当店がBROMPTON用に開発した『Shibuya オリジナルCNCリアキャリア(キャスター付き)』も大変好評を頂いております。

リアキャリアは、BROMPTONをご購入後、使い方やライフスタイルが変わった時にいつでも装着可能です。




6.【​モデルごとの価格】
​BROMPTONはモデルやカラーによって価格が異なります。モデルごとの価格は下記の価格表をご確認ください。

『M3L 価格180,000円〜(税別)』
『M6L 価格190,000円〜(税別)』
『M6R 価格200,000円〜(税別)』
『S2L 価格185,000円〜(税別)』
『S6L 価格195,000円〜(税別)』
『P6L 価格190,000円〜(税別)』※在庫限り
『P6R 価格200,000円〜(税別)』※在庫限り

2019年時点で選べるカラーは13色ございます。
基本色は上記の価格が適用されますが、プレミアムな塗装の「ローラッカー」「フレームラッカー」「パープルメタリック」の3色は基本色+30,000円(税別)になっています。

また、スーパーライトモデル(チタンモデル)は+100,000円(税別)です。※2019年7月時点受注停止中




7.【​豊富なアクセサリー】
​BROMPTONには自転車生活を、より豊かにしてくれるアクセサリーが用意されています。

特に便利なアイテムは、種類の多いフロントバッグです。

フロントバッグを含めたアクセサリーのラインナップは、BROMPTON日本代理店の「ミズタニ自転車さんのホームページ」がとても分かりやすくお勧めです。

フロントバッグを購入する上でひとつだけ注意点を挙げるとすると、「Sハンドル」のモデルにはハンドルと干渉する関係で、装着できないバッグがございます。

大きいバッグを装着したい場合は、予めその点にご留意ください。




8.​【オーダーメイドのB-spoke(ビスポーク)】
​B-spokeとは、メインフレームとサブフレームのカラーを自分の好きなカラーで選択でき、ハンドル形状やタイヤの種類、ギア数とギア比、泥除けの有無など、オーダーメイドでBROMPTONを作り上げるシステムになります。

B-spokeで選べる主な項目は下記になります。
・メインフレームカラー
・サブフレームカラー(チタンモデルも選択可)※2019年7月時点チタンモデルは受注停止中
・ハンドル形状(M・S・P・Hハンドル)※2019年時点Pハンドルは生産終了が確定
・ギア数(1・2・3・6段)
・ギア比
・泥除け有無
・リアキャリア有無
・タイヤ種類
・サドル種類
・シートピラーの長さ
etc…

納期はおおよそ3ヶ月ほどかかりますが、好きな仕様でBROMPTONが手に入る、素敵なシステムになっております。

B-spokeは毎年、受注のタイミングが決まっております。

B-spokeに関する価格や納期等の情報は、お気軽に店頭でご相談ください。




9.​【まとめ】
​BROMPTONの紹介はいかがでしたでしょうか。

最後に、世界で最も人気な折りたたみ自転車である「BROMPTON」を選ぶ際に、特に重要なポイントをまとめたいと思います。

BROMPTONを選ぶ際に重要なこと
・体格や好みに合ったハンドルを選ぶこと
・乗る距離と脚力に合わせたギアを選ぶこと
・信頼できる納車整備をするショップを選ぶこと
・知識豊富なショップを選ぶこと

どの自転車にも言えることですが、3項目・4項目に共通する「ショップ選び」が、実は一番大事だと感じます。

工場で組まれた自転車の「初期調整」は、納車後のパンクリスクや走行中のトラブルを防ぐために、最も大事な整備です。入荷する自転車の状態は同じと言えど、ショップによって異なる「整備」のやり方は、購入前に確認するのがお勧めです。

そしてもう一つ大事なのが、自転車に対する様々な「知識」を持ち合わせているか、です。
長く乗れる自転車だからこそ、正しく豊富な知識で説明を受けるのが安心して購入できるポイントになります。

「買っておしまい」ではない、BROMPTONのように長く付き合える自転車は、購入後の相談やメンテナンスを気軽に頼めるショップを選ぶことが好ましいです。

自宅から少し離れていても、自分に合った信頼できる自転車屋さんを選ぶと良いでしょう。

当店のブログが少しでも、あなたの相棒になる「BROMPTON」を選ぶヒントになれば嬉しく思います。

BRONPTONの購入に関して、ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にご相談くださいませ。


《折りたたみ自転車&ミニベロE-BIKE(電動アシスト)専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります

posted by サイクルハウスしぶや at 23:18| Comment(0) | BROMPTON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: