2019年11月13日

抜群の扱いやすさ BROMPTONが愛される5つのギミック

アンドリュー・リッチーがブロンプトン教会の見えるサウスケンジントンの自宅で折りたたみ自転車のデザインを開始した時から40年以上がたった今日。

イギリスで生まれて、今もなお本国で作られるBROMPTONは世界中で愛されています。

当店のスタッフが日頃から通勤や日常生活で使っていて感じる扱いやすさを、5つのポイントにまとめて紹介したいと思います。


@折りたたみやすい
9885946B-E8C5-4F12-BA4F-D6404E40D0FF.jpg
BROMPTONが折りたたみ自転車として日常生活に溶け込めるのは、なによりもストレスなく「折りたたみ作業」ができることが挙げられます。

よく「折りたたみ自転車を持ってるけどほとんど折りたたまない」「折りたたむのが面倒」という声を伺うことがあります。

せっかくたためる機能を持っていても折りたたみ機能を使わなければ、少しもったいない気もしますね。

その点、BROMPTONは折りたたみや展開にほとんど力を必要とせず、慣れればものの数秒でたためてしまう扱いやすさが魅力です。

たたみたい時にサッとたたんで、使いたい時はサッと開ける。

この作業にストレスがないBROMPTONは、‘折りたたみ自転車’として本当に良くできた自転車だと使っていてしみじみ感じます。

ちなみにスタッフの通勤スタイルは、自宅でたたまれているBROMPTONを開いて出発→会社に着いたら折りたたんで保管→仕事が終わったら展開して帰路へ(飲んだら折りたたんで輪行)→自宅に着いたら折りたたんで自宅へ…という感じです。

折りたたんだサイズは一般的なママチャリの方輪とほぼ同じ大きさです。


A走行性能の高さ
DFFD027F-9923-40DF-AF32-EB4C04A35B43.jpg
16インチという小径タイヤながら、ペダル一回転で進む距離が長くなるように設計されています。

そのため、BRONPTONよりもはるかにタイヤの大きなママチャリと比べてうんとスピードが出しやすく、目的地まで楽に走ることが可能です。

また、小径タイヤの恩恵で停止状態からこぎ出す時の加速が良く、小回りも効くので信号が多く、道の狭い街中で思い通りに走れるのもポイントです。

軽快車で走っている時は平均時速が大体15kmだったのが、BROMPTONに乗り換えたことで大体20kmくらいになりました。

通勤で使うようになって、かなりの時間短縮に繋がっています。


B優れた安定性
585027D6-302E-44CB-9E1D-21398385E439.jpg
折りたたみ自転車の中には、たたんだ時のサイズを重視するあまり、ホイールベース(ホイール軸からホイール軸の距離)を短くして走行性能を犠牲にしてしまうケースが少なからず存在しています。

​一方、折りたたむととても小さくなるBROMPTONですが、展開すると写真のようにママチャリとほぼ同じホイールベースになることが分かります。

一般的にタイヤが小さければ小さいほど‘ふらつき’を感じることが多くなりますが、BROMPTONはホイールベースが長いため、普段ママチャリに乗っている方でもわりと早く慣れる方が多いように感じます。

フロントバッグに荷物を入れて走行すると、さらに安定するようになります。


C省スペースな駐輪スタイル
2702A39D-8A1F-42CB-A90B-0425E6220FFB.jpg
ママチャリで出掛けた時に、駐輪場がいっぱいで停めづらかったり諦めて別の駐輪場を探した経験がある方も多いと思います。

その点、BROMPTONは後輪をたたむことで自立するシステムになっており、駐輪スペースはママチャリの2/3に収まります。

そして前かごが無い分、幅も狭く、少しの隙間があれば楽に駐輪可能です。

また、それでも駐輪できないような場合には、完全に折りたたんで輪行袋に入れた上で、目的地である室内に持ち込むという選択肢が選べるのも嬉しいところですね。


​D扱いやすいサイズ感
FAEFCBE9-B9C7-4CC5-8857-45480F6C0F88.jpg
走っている時もたたんでいる時もとにかく扱いやすいのがBROMPTONの良いところ。

ママチャリが20kgの重量があることに対して、半分ほどの重量の11kgちょっと。

幅が狭いBROMPTONは、持ち上げた時に身体に近づけることができるため、幅の広い折りたたみ自転車よりも持ち上げた時の重量が体感で軽く感じます。

ほとんどの方が片手でひょいと持ちあげられるほどのBROMPTONは、2階以上の階層にお住まいの方でもあまり負担なく運べるのが特徴です。

自宅に少しのスペースがあれば保管できるサイズ感で、外で駐輪する自転車に比べて盗難リスクが低く、雨風による傷みも防げます。


以上、スタッフが実際に使っていて感じるBROMPTONの扱いやすさの紹介でした。

ふとスタッフ所有のBROMPTONのシリアル番号を見ると、09から始まっているため、2009年に製造されたBROMPTONであることが分かります。

イギリスの職人さんが作ってから10年が経ったBROMPTONは、壊れる様子もなく毎日活躍しています。

生活の一部にストレスなく溶け込む、BROMPTONのある生活を検討してみてはいかがでしょうか。

BROMPTONの選び方はこちらのブログで紹介しております。


《折りたたみ自転車&ミニベロE-BIKE(電動アシスト)専門店》
サイクルハウスしぶやお花茶屋店
住所: 東京都葛飾区お花茶屋1-26-2
電話番号: 03-5650-2510
メールアドレス: toiawase@cycleshibuya.com
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火・水曜日
☆最寄駅の京成線お花茶屋駅までは、東京駅から電車で約30分、
千葉駅からは約50分になります

posted by サイクルハウスしぶや at 23:44| Comment(0) | BROMPTON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: