2017年12月09日

2018年BROMPTONのB-SPOKE受付が始まっています♪

2017年も大変好評なBROMPTON。
BROMPTONは英国で職人達が丁寧に作っている世界中で人気のある折りたたみ自転車です。
店頭ではオーダーシステムのB-SPOKEを使って、メインフレームとサブフレームを好きなカラーでセミオーダーする事が可能です。
CImage3.png
CImage2.png

B-SPOKEってどういう風に注文したらいいの?というご質問を頂く事がありますが、やり方は簡単。
こちらのBROMPTON Bike Builderページから、好みのカラーと仕様を選択していくと、シミュレーションができ、価格も分かりやすく表示されます。
ご希望のイメージができあがりましたら、メールか店頭でご相談下さいませ。
お問い合わせフォームはこちら

また、B-SPOKEには発注スケジュールがございます。
12月のご予約は24日(日)までになっております。
24日(日)までにご予約頂いたBROMPTONはスムーズに入荷すると3月上旬に入荷する予定になっております。
早めに入手したい方はご注文スケジュールにご注意くださいませ。

さて、BROMPTONと言えば2018年のBWCの開催日程が決まりました!

【BROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP JAPAN 2018】
日程:2018年3月25日(日)
場所:袖ヶ浦フォレストレースウェイ
詳しくはコチラ!

今年(2017年)のレース模様はコチラから見れますぞ!

私も参加した事がありますが、BROMPTONを買ったばかりの方も、我こそは!という自身のある方も満足できる、年に一度のBROMPTONのお祭り的なとても良い雰囲気のイベントになっておりますので、BROMPTONを手に入れたらぜひ一度はご参加頂けると楽しめるかと思います。

12月24日(日)までにB-SPOKEで注文したBROMPTONは3月上旬には入荷するのでBWCレースにも参加できそうですね

bro1.jpg
今日納車致しました走るBROMPTONをご紹介!

bro2.jpg
シフターは操作性が良く、軽量なレフトシフターを装着。

bro4.jpg
CDJのカーボン製テンショナーで軽量に!

bro5.jpg

bro3.jpg
前後のホイールは超軽量ハブを使用してチタンスポークで組み上げた激軽なハンドビルドホイールです。

Rawカラーの渋さにブラックパーツが入るとより引き締まる印象になりました。
BROMPTONのカスタマイズはここ最近で人気沸騰中です。

レース仕様にする目的でギア比をカスタマイズしたいというご相談や、ホイールの回転性能を高めたいというご相談も増えています。

ノーマルでも乗りやすいBROMPTONをさらに使いやすく、さらに自分らしくカスタマイズしたい方はお気軽にご相談ください。

え、ブレーキが効かない!?と思うくらい回転性能が上がるHubsmithのホイールは初回入荷分が先日完売してしまいました。

が、年末に入荷を予定しておりますのでご興味がある方はぜひ店頭で(笑)
皆様のご来店、心からお待ちしております!!

2018年一発目のイベントは1月3日(水)に開催する『柴又七福神初詣ポタリング』になります。
こちらもぜひ(^^)
ラベル:brompton B-SPOKE BWC
posted by サイクルハウスしぶや at 23:03| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

VOLTシリーズを持っているBROMPTONユーザーのみなさんに朗報です!

BROMPTONの人気な純正ライトのVOLT300。
しかし、VOLTシリーズをBROMPTON以外で持っている方にとって、台座だけが欲しい!という要望があるのですが、BROMPTON用のブラケットのみの販売はありませんでした(泣)

しかーし!そこでご提案!!!

当店ではおなじみのMulti-SからBROMPTON用のライトホルダーが発売されました!
s-data1.jpg

s-IMGP0699.jpg
最初はラバータイプのライトを巻くだけのホルダーだと思っていましたが、、、

s-IMGP0705.jpg

s-IMGP0708.jpg
もしかしてキャットアイの台座付くんじゃない?
という事で分解して試してみると、、、

s-IMGP0703.jpg

s-IMGP0710.jpg
ピッタリですっ!!!

s-IMGP0712.jpg

s-IMGP0713.jpg
これであなたのVOLTもBROMPTONに装着可能です(^^)b

s-IMGP0716.jpg
カラーは全部で8色です。
『Multi-S ライトホルダー 全8色 2,187円(税込)』
価格はとってもリーズナブル。VOLTシリーズのライトマウントは別売りで648円で販売可能です。

s-IMGP0718.jpg
かゆいところに手が届くナイスなアイテムを作ったMulti-Sに感激です。
ちなみに、Multi-Sは日本に初めて紹介したのが当店になります。

台湾に行った時には新しいパーツを嬉しそうな顔して僕たちに紹介してくれるデザイナーのクリスはお友達のような存在です

ライトホルダーはWebショップからご注文頂けますので、ご希望の方は下記のページからご注文下さい!
Webショップ ライトホルダー
※12月10日追記 BROMPTONの標準装備のフロントリフレクター台座がプレート式ではなく、ワイヤー式の場合は別途Rワッシャーが必要になりますので、Webでご注文の際は備考欄にてお気軽にご用命ください。サービス致します。

各色数が少なくなっておりますぞ!
posted by サイクルハウスしぶや at 23:24| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

普段着で乗れるミニベロロードレーサーの2大ブランドはTyrell&KHS!!

ロードレーサーに乗る時はピッタリ目のウェアにサングラスにヘルメット、そして家を出る前に「今日は走るぞっ!」という気合いが必要になるというお話を良く伺います。

そして気合いを入れなくても、ピッチピチのウェアじゃなくても、自転車に抜かされてもムッとしない、けれどもしっかり走れるミニベロが欲しい!という流れになる事が良くあります(笑)

そんなあなたが満足して乗れるブランドはこの2大ブランドしかないでしょう!!!っということで明日からの2日間はTyrell&KHS試乗会を開催いたします!
ty1712_topbn2.jpg
【このミニベロが最速!2大スピード系ブランドTyrell&KHS試乗会!】
2017年12月2日(土)・3日(日)11:00〜16:00

s-IMG_5350.jpg
「えっ、こんな速いとは思わなかった!」というご感想が増えてます!

s-IMG_5379.jpg
Tyrellは軽量なアルミフレームにカーボンフォーク、そして塗装にカドワキコーティングのパウダーコートを施しているミニベロ界の高級スポーツバイクです。
スラントデザインのカッチリした剛性の高いアルミフレームは、普段ロードレーサーに乗っている方や脚力がある方はペダルをこぐとぐいぐい進む感覚が病みつきになると思います。
約1ヵ月ほどの猶予と少しのご予算を頂けると、お好きな色でフレームを塗装するカラーオーダーも可能です。
色褪せない塗装と、キズになりにくい塗膜は当店の試乗車でも折り紙つきです!

今回ご試乗頂けるTyrellの試乗車はコチラです!
@FX フラットハンドル 1×9s(サルファーイエロー)
AFX フラットハンドル 1×10s(キャンディーブルー)
BFSX ドロップハンドル 2×11s(マットブラックメタリック)
CCXS フラットハンドル 1×9s(霞ライトグレーマット)
DCSI ドロップハンドル Di2 2×11s(巴シルバー&レッド)
EPK1 フラットハンドル Di2 2×11s
FIVE フラットハンドル 1×9s(パールホワイト&ターコイズメタリック)

注目は新色のCSI(巴シルバー&レッド)とPK1のDi2カスタマイズ車です!
普段店頭では乗れないDi2を試せるので見逃す手はないですぞ!

s-IMG_5388.jpg
KHSはイギリスのREYNOLDS(レイノルズ)社のスチールチューブを使用しているクロモリバイクが有名です。強度としなやかに路面の振動を吸収するそのフレームは、スピードを活かしながら長距離走行も叶える万能フレームを採用しています。
純正オプションパーツを使うと折りたたみ時にハンドルやホイールをフレームに装着して輪行ができる仕様になっております。

s-IMG_5362.jpg
そしてKHSで特筆すべきはsoft tail(ソフトテール)です。
通常、車輪径が小さいと走行路面に対してはねる現象が起こりますが、ソフトテールシステムはこのような状態をカバーし、700Cや26インチの車輪径のものと同じように走ることができるようになります。(カタログ抜粋)
実際に先週F20RCで35kmほど走ったのですが、小径車特有の路面の微振動や突き上げ感はほとんど感じることが無かったです。これがクロモリフレーム・ソフトテール・フロントカーボンフォークのどれが一番機能しているかというと判断が難しいところですが、全体的なバランスが良いのは確かです。
そしてもう一つ特徴的なブルホーンハンドルは長距離走行で言うことなしに使いやすいです!
ドロップハンドルの下ハンドルは握らないけど、縦に握りたいという要望をしっかり叶えてくれます。
個人的にはバーエンドコントロールをSTIレバーにカスタマイズした方が使いやすそうな印象がありました。

KHSが展開しているPowerToolsというブランドから、STIレバーを装着できるブルホーンハンドルも販売してるので、カスタマイズの拡張性も問題無いですね。

今回ご試乗頂けるKHSの試乗車はコチラ!
@F20RC(ブラック/シルバー
AF20RS(Sil-ホワイト)
AP20RC(クロームシルバー)
BP20R Lサイズ(フラットサンドブラック)

KHSの注目はカーボンフォークを使ったフォールディングバイクのF20RCと大きいサイズを展開して、身長が高い方もポジションが出しやすいP20RのLサイズです!
どちらも普段店頭には無い試乗車なので、この機会をお見逃しなくっ!

試乗会当日は、2日間共に晴れる予報が出ておりますので、スピード系ミニベロをご検討中の方はぜひお越しください

みなさまのご来店、心からお待ちしております!!
ラベル:tyrell KHS FX FSX P20RC F20RC
posted by サイクルハウスしぶや at 23:33| Comment(0) | 店長:田口礎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする